観葉植物のゴキブリ対策

ゴキブリ対策は色々な場面で必要になりますが、観葉植物にもゴキブリ対策は必要になります。
観葉植物というのは、実は昼間のゴキブリの休憩所になっています。
たまに、観葉植物からゴキブリが出てくることがありますが、その原因がそういうところにあります。
観葉植物の土の上というのは、ゴキブリにとってはいやすい環境です。
特に、観葉植物というのは、日陰になるうえに土に適度な湿気があるために、ゴキブリにとってはとても適した環境なんです。
観葉植物でのゴキブリ対策は、土の上にゴキブリ駆除剤を置いておけば大丈夫です。
ゴキブリ対策は、難しく考えずに駆除剤を置くようにすればそれでしっかりゴキブリを駆除することができます。
ゴキブリというのは、退治するためには必ず毒餌系のゴキブリ駆除剤を使って退治しないといけません。
そのために、どういうゴキブリ駆除剤を使うのかをしっかりと選ぶ必要があります。
ゴキブリ対策は適切な対策をすることが必要になります。
観葉植物はゴキブリの巣になりやすいので、気をつけるようにしましょう。

観葉植物にゴキブリの幼虫がいた時のゴキブリ対策

ゴキブリの幼虫が観葉植物にいることがあります。
ゴキブリ幼虫は行動範囲は運動能力はそれほど高くありませんが、観葉植物くらいの高さであれば登れるので観葉植物の中にいることがあります。
ゴキブリの幼虫は、ぱっと見た感じだと黒い小さい虫に見えるので、観葉植物についている虫だと勘違いするかもしれません。
ですが、ゴキブリの幼虫の場合は背中に白い横線があるので、それを見ればゴキブリの幼虫がどうかが分かると思います。
ゴキブリの幼虫が観葉植物にいた場合は、速やかにゴキブリ駆除剤を置いて駆除してしまいましょう。
観葉植物は日陰になるし湿気も適度にあるので、ゴキブリの幼虫が成長するにはとても良い環境です。
その場所をそのままにしておくと、ゴキブリの幼虫はどんどん成長してしまい、1年経たずに成虫のゴキブリになってしまいます。
ゴキブリの幼虫が出た時のゴキブリ対策は、観葉植物に駆除剤を置くだけで大丈夫ですが、それをするかしないかでゴキブリの数は大きく変わります。
ゴキブリ対策を行うのは、ゴキブリの幼虫を見つけたらすぐ行うようにしましょう。

観葉植物に卵があった時のゴキブリ対策

ゴキブリの卵が観葉植物にあった時は、観葉植物がゴキブリの巣になっているかもしれません。
ゴキブリの卵は、ゴキブリがお腹に抱いたまま移動しています。
それを落とした場所にゴキブリの卵があるわけですが、観葉植物にあったということはそこにゴキブリが常駐しているということになります。
ゴキブリ卵があった時のゴキブリ対策としては、まずゴキブリの卵を袋に入れて捨ててしまいましょう。
もしくは、トイレにゴキブリの卵を流してしまってもいいかもしれません。
あとは、卵を産んだゴキブリを退治するためのゴキブリ対策を行うことが必要になります。
ゴキブリの卵自体は駆除剤では駆除できませんが、卵を産んだゴキブリは駆除することができます。
駆除するためには、観葉植物の土の上にゴキブリ駆除剤を置いておけばそれで問題ありません。
観葉植物は鉢植えの数十センチメートルの範囲のことだけでを考えてゴキブリ対策をすればいいので、比較的ゴキブリ対策はやりやすいです。
観葉植物にゴキブリの卵を見つけた時は、ゴキブリ駆除剤を置いておくようにしましょう。

ページトップに戻る