植木鉢のゴキブリ対策について

ゴキブリ対策で忘れがちなのは、植木鉢のゴキブリ対策です。どうしても、ゴキブリ対策と言うと家の中だけを考えがちですが、そもそもゴキブリと言うのは家の外から家の中に入ってきます。そして、ずっと家の中にいるわけではありません。ゴキブリと言うのは、昼間の時間帯は家の中ではなく、家の外に出ていくことが多いです。そして、家の外のどこにいるかと言うと植木鉢の土の上にいることが多いです。これは、植木鉢の土の上と言うのは、植物があることによって日陰になっています。そのことで土の上には適度な湿気があります。その日陰と適度な湿気が、ゴキブリが身を隠すにはとても良い環境になっています。そのため、ゴキブリと言うのは昼間の太陽が昇っている時間は、植木鉢に潜むことが多いのです。という事は、植木鉢にもゴキブリ対策をしておくことで家の中に入るゴキブリの数を減らすことができます。先ほども書いた通り、ゴキブリと言うのは家の中で自然発生するものではなく最初家の外から家の中に侵入してきます。つまり、植木鉢のように家の外でゴキブリが潜んでいる場所をしっかりとゴキブリ対策をすることで、家の中に入ってくるゴキブリの数を減らすことができます。行うゴキブリ対策は、植木鉢の土の上にゴキブリ駆除剤を1つおいとくだけで構いません。それをしておくことで、昼間の時間に植木鉢の土の上に隠れに来たゴキブリを駆除することができます。やる事はとても簡単ですが、これを行うっているゴキブリ駆除剤を1つ置いておくだけで構いません。それをしておくことで、昼間の時間に植木鉢の土の上に隠れに来たゴキブリを駆除することができます。やる事はとても簡単ですが、これを行っているのと行っていないのではゴキブリ対策に大きな差ができます。ゴキブリ対策と言うのは、何も難しいことをする必要はありません。植木鉢のように、ゴキブリがよく潜む場所、ゴキブリがよくいる場所にゴキブリ駆除剤を置くことで効率よくゴキブリを退治することができます。つまり、ゴキブリ対策と言うのは、まずはゴキブリが一体どこに潜んでいるのか、ゴキブリが一体どこにいるのかを知ることから始めます。家の外のゴキブリ対策を考えたときに、まずやっておかないといけないのにこの植木鉢のゴキブリ対策です。植木鉢と言うのは、普段水をあげる位でそれほど土の上を見ることがないので、ゴキブリが潜んでいても気づかないことが多いです。だからこそ、そういう場所にゴキブリ駆除剤をおくことで、普段見つけることができないゴキブリを見つけて退場することができます。ただし、植木鉢の土の上にゴキブリ駆除剤を置いておくと、雨が降った時に効果がなくなってしまいます。ですから、植木鉢の上にゴキブリ駆除剤を行った場合は、雨の前にいちど撤去するか、もしくは雨が降るたびに新しいものに変えるようにしてください。


 

ページトップに戻る