植木鉢にあるゴキブリの卵の対策について

植木鉢には、ゴキブリの卵があることがあります。なぜ植木鉢にゴキブリの卵があるのかと言うと、ゴキブリが植木鉢の土の上に隠れてきてそこでゴキブリの卵を落とすからです。ゴキブリと言うのは、昼間の時間は割と植木鉢などの土の上にいることがあります。これは、植木鉢は植物が生えているので日陰になりやすく、土の上であるが適度な湿度があるので居心地が良いためです。そして、卵を持ったゴキブリは、そういう植木鉢の土の上などにゴキブリの卵を落とします。この時に、ゴキブリの卵に気づかずにそのままにしてしまうと、少し期間が経った後に卵が孵化をしておきぶりの幼虫がたくさん生まれてきます。そうなってしまうと苦情が大変なので、できれば植木鉢の土の上にあるゴキブリの卵は卵のうちに駆除してしまいたいところです。ゴキブリの卵を駆除するためには、まずはこまめに植木鉢の土の上を観察する必要があります。これは、植木鉢に水をあげるときにそのついでにゴキブリの卵あるかどうかを確認するのが良いでしょう。ゴキブリ卵は、赤茶色のカプセルのような形をしているので、植木鉢の土の上では少し見つけにくいです。ですから、ゴキブリの卵があるかどうかは注意深く見る必要があります。そしてもし植木鉢の土の上に置きぶりの卵買ったら、それを何かで使うのでトイレに流してしまいましょう。トイレの水に流してしまえば、ゴキブリの卵が孵化する事はありません。植木鉢の土の上のゴキブリの卵は、そのままほっておけば必ず孵化をして、ゴキブリの幼虫がたくさん生まれてきます。そうなってからだと駆除するのがとても大変になります。そうならないためには、ゴキブリの卵が見つけた段階ですぐに処分するようにします。ゴキブリの卵自体は、特に動いたりと言う事は無いので、ゴキブリ自体を退治するよりも気分的には楽だと思います。ですから、植木鉢の土の上にゴキブリの卵を見つけたときは、速やかにゴキブリの卵をトイレに流して処分するようにしましょう。

ページトップに戻る